北摂 子育てブログ

不妊治療を乗り越え40歳超えの高齢出産。育児休暇中に保育園に入れず「保育園落ちた日本死ね」を体験することに・・。途方に暮れたあげく、職場も近く環境重視で北摂への引っ越しを決意。さらなる保育園激戦区で、子供は無認可保育へ通うはめに。2歳の幼児と毎日格闘しながら、車無し、自転車無しのミニマム生活で5年後のマンション・家の購入を目指しています。小さな子供でも楽しめる遊び場や日々の出来事、何とか解決できたことなどをユーモア交えてお送りします。

胃がん ステージ3b

 親が胃がんになりました。ステージ3bかステージ4ぐらいらしい。はっきり診断して欲しいところですが、グレーゾーンとのこと。何だかもやもや。

 医師からはリンパへの転移もあり、また、大動脈の近くにもあるので手術はできないと告げられました。仕方なく、抗がん剤治療をはじめることにしました。通院と治療のための入退院を繰り返したものの、さほど大きな副作用もなかったので、胸をなでおろしました。副作用がないといっても、抗がん剤投与の後は食欲もなく、体調もすぐれなく元気もありませんでした。体力もかなり落ちている感じです。

 2回目の治療で退院する際に、医師から、「奇跡的に小さくなりました!ほんとにすごいことですよ。」と信じられない言葉をいただきました。もちろん、家族は大喜びです。しかし、親は体調も悪くなることから自分にはあっていない。食事療法で治すと言い張ります。家族みんなで反対しましたが、頑固一徹、もう抗がん剤はやらないと言っています。私が渡した食事療法での成功事例をあげ、それを実行しているからこそ、小さくなったと思っています。

 私たちがあまりに、抗がん剤を続けろと言うものですから、それなら、自分と同じ状況で、抗がん剤で成功したという事例を教えてくれと言います。ネットで色々調べてみましたが、なかなか、そんな事例もでてこなく、最終的には、本人の主張を尊重すべきか、何とか説得を続けるべきか日々悩んでいます。