北摂 子育てブログ

不妊治療を乗り越え40歳超えの高齢出産。育児休暇中に保育園に入れず「保育園落ちた日本死ね」を体験することに・・。途方に暮れたあげく、職場も近く環境重視で北摂への引っ越しを決意。さらなる保育園激戦区で、子供は無認可保育へ通うはめに。2歳の幼児と毎日格闘しながら、車無し、自転車無しのミニマム生活で5年後のマンション・家の購入を目指しています。小さな子供でも楽しめる遊び場や日々の出来事、何とか解決できたことなどをユーモア交えてお送りします。

カツオのタタキ 高知がおいしい理由

おとしゃんです。久しぶりに高知へ行ってきました。出張でね。もうかれこれ20年ぶりくらいですかね。

 

鰹のタタキが旨い!

 

 

なに、いきなり。

 

もう一度いうと、うまい!

鰹のタタキがむちゃくちゃおいしいのです。よ。

 

 

こちらは2日目のランチ・黒潮(カツオのタタキ)丼 1日目は居酒屋でカツオのタタキとあまりのおいしさに連続食べ。

 

大阪のスーパーで売っている1パック298円のセール品とはわけが違う。今日はその秘密に迫りたいと思います。

 

香ばしい!

むちゃくちゃ香ばしいです。えっ、こんなに香ばしいのかというくらい、香ばしい。その理由は、藁焼き。わらでいぶすことによって、その香りがカツオにいき渡る。バナーであぶったものとは全く違う。備長炭であぶった焼き鳥とバナーの焼き鳥。それを遥かにしのぐ違い。それくらい香ばしい。

 

 臭みが全くない!

同じカツオとは思えないほど、臭みがない。それが全くない、全く感じない。それは、一本釣りで魚が痛まないから。だから鮮度が落ちない。職人技。新鮮なものは臭みがない。臭みがないから一切れが大きくてもおいしく食べられる。しかも、歯ごたえも楽しめる。もう、完璧。

 

カツオの消費額 第1位!

総務省の調べでは、1世帯あたりのカツオ消費額は高知が第1位で 7,828円*1、2 位の福島は3,872円というから、実に倍以上の差をつけています。圧倒的ですね!こんなにたくさん食べているわけだから当然、おいしい食べ方も知っているんです!ポン酢じゃないたたきのタレもうまい!

 

 

いざ、カツオのタタキを食べに行くぜよ

 

 

もう我慢できないという方はこちら(土佐料理発祥の店)

 

もっと、高知のことを知りたいという方はこちらのブログをどうぞ

www.itjigoku.com

 

●こちらのブログランキングでは1位です!(たぶん)


2015年4月~16年3月生ランキング

  

●こちらのブログランキングでも1位です!(おそらく PV・OUT) 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 吹田情報へ
にほんブログ村

 

 

こんな記事もよく読まれています。

 

 

 

 

*1:2015年~2017年の平均