北摂 子育てブログ

3人家族ユーモア奮闘記。どんな事でも楽しめたら最高!をテーマにブログ運営しています。

胃がん ステージ3b 余命宣告11ケ月から7ケ月経過

年末、久しぶりに父に会いました。今回は、私が行ったわけでなく、父と母がこちらへ来てくれました。途中で一緒に食事をして、私たちの家へという流れです。おとしゃんは出勤でしたので、両親と子供と私の4人でした。

「元気そう」と思ったのが最初の印象です。

少しは痩せた感じはするものの、とても元気そうなかんじです。抗がん剤を止めた後、すっかり食欲を取り戻したのですが、それは今もかわりはありません。一緒に食事をした際も、とても病人とは思えないほど、天ぷらや寿司を頬張っていました。治療中は食事にいっても、ほとんどハシが進まなかったことを想うと、ほんとに嬉しく思います。先日、小・中学校の同窓会があったらしいのですが、そこでもたらふく飲んで、食べたと言って、大笑いしていました。

これは病気とは関係のない話ですが、食事場所を選ぶ際、私はどれにしようか迷っていました。どの店も魅力的で目移りしていたんです。でも、父も母も「これだ!」というお店がなかったようです。結局、選んだのはチェーン店でした。とびっきりおいしいわけではなく、サービスがいいわけではありません。だからといって、安いわけでもないのです。どうして、その店を選んだの?って聞いても、その店に行くことになってたんじゃないの?っていう返答で、まぁ、そこにでも行く?ってことは電話でのワンフレーズだけで、そこに行きたいって、私が行ったわけでも、決まったわけでもなかったんです。追い追い、問い詰めてみると、「安心だから」という理由でした。何回も行っているから安心なんだそうです。そういえば、口に出しては言わないものの、あまり新しい店には行きたがらず、和食傾向になってきました。色んなものを食べてみたい!というより、味のわかるものを食べて安心したいんですね。

変化と言えば、コートとリュックを新調したことです。ボランティアガイドの指名数も1番多いらしいのですが、その嬉しさもあって、購入したのでしょうか?小奇麗なかっこをしないと、と張り切ってます。

私の家に着いた後、買ってもらったおもちゃを早速動かそうとしたのですが、父は電池ボックスを開けることができません。ネジがとても固かったようです。剛腕でも無茶苦茶器用なわけでもないおとしゃんが帰宅後、さささっと開けていたのにもかかわらず。

元気そうで、嬉しかった反面、力が弱っているのかなぁとも感じました。ネジが開けれなかったこと、コートやリュックを新しくしたのは、軽量化のため、なんてことも頭がよぎります。

心配なことを挙げると、いとまがありませんが、「病は気から」を信じたいです。検査だけは続けていく予定ですので、追って報告したいと思います。

 

胃がんの話、今回が4話目です。第1話から、ぜひご覧ください

www.hokusetsulife.site

 

●こちらは前回の記事です。

www.hokusetsulife.site

 

 

「いいね!」と思ったら下の写真をクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子へ

励みとやる気で、ぐんぐんぐんぐん成長します!

子育てブログ 2015年4月~16年3月生まれの子