北摂 子育てブログ

3人家族ユーモア奮闘記。どんな事でも楽しめたら最高!をテーマにブログ運営しています。

マンション売却 180万円値引きの購入申込。悩んだあげくに出した結論は?

前回も多数のコメントをいただきありがとうございました。感謝致します。実際は、タイムラグがありますので、お気軽にお読みいただけましたら幸いです。

 

前回の話はこちら


さてさて、100万円を値引きしてから、さらに80万円引きで購入申し込みがあったのですが、それを受け入れたのか?が今回の話になります。

 

 

先方は急いでいましたが、その場で決めることはできず、保留としました。売る方向で話が一方的に進んでいるように感じたこともあって、この場での判断は見送っています。

 

これからのスケジュールについて、どんどん話が進んでいくので違和感があったんですね。

 

売るのが当たり前的な空気が。

 

「なるべく早く回答します」と告げ、その場を去りました。悩みますよね、少しでも高く売りたいので。遠くのスーパーの卵が10円安いとか、あと30分待てば、総菜が50%引きになるからそれまで待とうとか、そんな生活をしているわけですから、ウン10万って、とんでもない金額です。

 

冷静に考えないと、金銭感覚が狂ってきます。結婚式や新婚旅行の時も、多くの方がそうなるのではないでしょうか。うちだけ?

 

さて、ここからは、駆け引きです。

 

まずは相手を知ること。この情報が入らないのが、ほんとにネックですね。わかっているのは、相手の不動産会社の名前と購入希望者の情報(60歳代?くらいの夫婦。一番最初に見学に来られた方で別の物件を購入したと考えられていた)です。

 

自宅に帰ってからは、想いを巡らせながら、何となくネットサーフィンに興じていました。

 

そう言えば、確かこの辺りの人だったな~(購入申込者の住所)とグーグルマップを眺めます。ストリートビューに切り替えました。

 

あれっ?これは。

 

たぶん、おそらく購入を希望している人の家。たぶん、この人。表札まで映っているんですね、ストリートビュー。うろ覚えなんで、確信は持てないのですが、たぶんたぶん、この家の方なのです。

 

駐車場2台。なんと1台がベンツ。もう1台は空いています。郊外とは言え、5~6LDKはあろうかの邸宅。

 

なんで、そんな人がうちの家を??

 

なぜ?

 

頭の中は、はてなマークでいっぱいです。

 

うちのマンションは駅近で便利!とか、そういう立地でもないのです。大阪の都心までも結構時間がかかりますので、人気のエリアでもないのです。

 

それを、結構な距離があるこの方がなぜ、今、このタイミングで、我が家を買おうとしているのかが疑問なのです。

 

そして、仮説を立てました。

きっと、この方は、今住んでいる家は売らない。うちのマンションはセカンドハウスとして購入する。娘に子どもが生まれたので、孫の面倒を見るために同じマンションにも家が欲しい。どの部屋にするか迷っているが、日当たりがいいのがいい。職業は叩き上げの中小企業の社長。

 

プラス面:孫のためなら、財布の紐はゆるい

マイナス面:たたき上げの社長なら、1円にこだわる。そうしないと会社が潰れる

マイナス面(事実):同じマンション内で他の物件が売りに出ている

プラス面(事実):同じマンション内の他物件より日当たりがいい

 

 

出した結論は、 30万円引き

 

3ケ月前に見学に来た(事実)ものの、高すぎるので、ずっと待っていた様子。そんなに気に入ってくれているなら、もう少し出してもらえるだろうと考えました。ただ、交渉相手としては、ベンツに乗っている(たぶん事実)中小企業の社長はやっかいだなぁと。でも、日当たりのいいこの部屋を奥さんは気に入っているはず。奥さん頑張ってください!

 

と考えたのです。

 

最終の落としどころは、40万円の値引きで決着したいなと。

 

3日後、30万円引きの旨を不動産会社へ伝えました。

 

結果、

 

「それじゃぁ、話にならない」と

 

先方の不動産会社からの回答。と告げるこちら側の不動産会社。

 

なんだなんだと思う私。

 

「それ、結局、指し値やないですか?」と私。

 

いや、そういうわけでも。ただ、30万円引きでは難しいと、もう一度考えてもらえませんか?

と言うのです。こちら側(我が家が契約した方)の不動産会社は。

 

 次回に続く。

 

●「頼りない不動産屋だな~」と思ったらこちらをクリック!(ランキングサイトへの清き1票となります)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 吹田情報へ
にほんブログ村

 

●「維持管理費がもったいないので、早く売っちゃいなよ!」と思ったらこちらをクリック!(ランキングサイトへの清き1票となります)


2015年4月~16年3月生ランキング

 

あわせて読みたい