北摂 子育てブログ

3人家族ユーモア奮闘記。どんな事でも楽しめたら最高!をテーマにブログ運営しています。

ポーランド戦 西野監督の采配は本当に博打といえるのか?

サッカーのワールドカップ(2018 FIFAワールドカップ)が盛り上がりをみせています。

 

日本は、ポーランドに敗戦もフェアプレーポイントでセネガルを上回り、グループリーグを突破。2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出を決めました。

 

本当に素晴らしいことです。ありがとう!

 

 

その采配については、物議を醸しだしており、賛否両論が噴出しているのですが、その議論は預け、ここでは、”賛”を前提として話を進めたいと思います。

 

そもそも、セネガルが点を入れないに賭けたのは、博打だったのか?ということです。

 

日本がポーランドに1点を先制され、コロンビアがセネガルに1点を先制する。次の展開は、下記のようになります。

 

セネガルがコロンビアに追いつく(引き分け=日本敗退)

②コロンビア対セネガルのスコアに変化なし(1-0=日本は決勝トーナメント進出)

③コロンビアがセネガルに追加点をあげる(2-0=日本は決勝トーナメント進出)

④日本がポーランドに追いつく(引き分け=日本は決勝トーナメント進出)

ポーランドが日本に追加点をあげる(2-0=日本敗退)

 

これを単純に各確率が20%だと考えると

 

このままの状態を維持することにより、日本が決勝トーナメントに進出する確率は60%となります。

 

セネガルがコロンビアに追いつき、日本が敗退となるのが最悪のシナリオですが、コロンビアが追加点を奪う可能性もあったわけです。

 

そう考えると、西野監督の采配は博打ではなく、よりリスクの少ないほうを選択したといえるのではないでしょうか。

 

あの場面、日本がポーランドから1点を奪えるような気はしなかったですし、無理に攻めることにより、カウンターを食らって追加点を獲られる確率の方が高いような気がしました。今までの日本なら、きっとそうなる。

 

グループリーグ突破に向けての戦略。西野監督はそこにフォーカスしていたんだと思います。そのために、全身全霊をかけている感じがします。事実、未だに試合前日の会見では、マイクを自分でつけることができないくらい、関係のないことは頭の中から排除しているんでしょう。

 

「正々堂々」が美徳になっている日本において、攻めない選択。これができただけでも本当に素晴らしい。

 

ワールドカップにおいて、勝てる確率を1%でもあげるための監督交代。批判を浴び続けながらも、成果が出せたのではないでしょうか。

 

長谷部キャプテンは、ポーランド戦の前に言っていました。「監督は策士ですから」と。何かあるなっと思ってましたが、先発メンバー6人の交代に、戦況に応じた攻めない選択。

 

まさに、策士ですね。しかも、次戦も見据えている。

 

ワールドカップにおいて、日本は完全に弱者。正面突破なら玉砕されるでしょう。

 

次はベルギー戦。監督の采配が楽しみです。

 

日本サッカーの歴史に新たな1ページを!真夜中でも応援するぞ!

 

おとしゃん

 

●「日本はベスト8までいくよ!」と思ったらこちらをクリック!(ランキングサイトへの清き1票となります)

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 吹田情報へ
にほんブログ村

 

●「ブラジル破ってベスト4もあるかも」と思ったらこちらをクリック!(ランキングサイトへの清き1票となります)


2015年4月~16年3月生ランキング